岐阜県中津川市坂下で、額縁をメインに木工の仕事をしております。人との出会い、作業風景、感じたことなど、気ままに書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

草刈りも・・・・・出来るんです

 と言うか、やらなければいけない

ので、

今日は、午後から妻と二人で草刈りに行ってきました

163_6382.jpg

 先日のブログで取り上げた「椛の湖 そばの花まつり」が開催された 「そば畑」のすぐ近くに、妻が両親から、引き継いだ「田んぼ」があります。
 自宅から、少し離れていて、水の管理が大変なのと、元々、山だったところを開墾したので、イノシシ、ハクビシン、時には、サルもクマも出没するようなところです、獣害よけにバッテリーを繋いで「電柵」をすればいいのですが、結局、休耕田(耕作放棄地のほうが正確なのかもしれない)にしています

 それでも、年に何回か草刈りをしなければなりません。雑草は成長が速い、2~3ヶ月もすれば、ジャングルです。

 田んぼは、1枚なので約400坪ほどです。「草刈りは、3時間ほどで終わるだろうから、終わったら温泉に行こうか」と、いつもの「お気楽夫婦」の皮算用は見事にはずれ、終わったのは、暗くなりかけた6時。ブログ用の草刈り後の写真も撮れませんでした(苦笑)
 もちろん、温泉はお預け・・・・・でブログ書いてます

 これからも、草との格闘は続きます





作品展情報

キルト工房「針の詩」作品展 9月23日(火)~27日(土)









マツイ額縁ホームページ
当工房の製品は マツイ額縁ティカップ店
でご覧になれます
   
   
   「ハンドメイド」好きな方
楽しいハンドメイドブログが集まっているサイトへどうぞ!!

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気blogランキングへ

[ 2008/09/24 19:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
べんけいさんコメントありがとうございます
 そうですよね
自分の口に入れる米、野菜くらいは、自分の手で作れればいいですよね。でも、現状は、仕事を最優先させなければいけません。妻と二人でやっている小さな工房では、ほとんど毎日、仕事です

 でも、べんけいさんの言われるように、考え方を切り替える時期に来ているのかもしれませんね。
[ 2008/09/25 08:04 ] [ 編集 ]
お疲れ様でした
草刈お疲れ様でした。
休耕田などは町ぐるみで活用を考えないといけないですよね!
以前から思っていた事なんだけど坂下も町おこしの一環としてクラインガルテンに取り組んでも良いと思ってます。
食の安全、安心が叫ばれている中、食に関する事件が後を絶たない昨今、地産地消、地産他消、家庭菜園が再度見直される時代だと思います。

[ 2008/09/24 21:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ようこそ

otoiawase 3.gif
otoiawase 4.gif



画像をクリック!!

ホームページ
WS000007170.jpg
ショッピングサイト
WS000010.JPG

プロフィール

マツイ ユウジ

Author:マツイ ユウジ
 マツイ額縁
代表 松井裕司

 「天然木」の色紙用額縁・賞状額・フォトフレーム・パッチワークキルト用額縁等、各種額縁の製造卸・製造小売。オーダーも承ります

岐阜県中津川市坂下368
TEL FAX 0573-75-2233


1963年 父が大手額縁メーカーの協力工場としてスタート
1976年 家業を継ぐべく、親会社に就職
1978年 父のもとに戻り、両親と共に働く
2004年 オリジナルブランド「再・遊・樹」が第1回岐阜県新商品開発章受賞
2004年 父が高齢のため、廃業
2005年 家業を引き継ぎ、開業
2005年 岐阜県廃棄物リサイクル認定製品(認定No.181)に認定される


工房の紹介
「機械設備」

「ものづくり中津川  手ざわりのよい額縁 マツイ額縁」

by 中津川市周辺の地域情報のポータルサイト「恵那山ねっと」タウンニュース
最近のコメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。