岐阜県中津川市坂下で、額縁をメインに木工の仕事をしております。人との出会い、作業風景、感じたことなど、気ままに書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ログハウス」を造ろまいか!!  その1

 もう、20年以上も前のことなので、記事にしようか?
迷ったのですが、「覚え」と言うことで、いつも、このブログに遊びに来てくれている方は。何回かお付き合いください

「坂下工遊会」というサークルのことは、「木工教室」の紹介で何度もこのブログに登場してますが、中津川市に合併する前、坂下町役場の企画課が岐阜県工芸試験場から、講師を招き、「デザイン講習会」を開催したことから始まりました。講習会後、講習を受けた人たちで有志を募り、情報交換、勉強会等を目的とした、サークルを作りました

 さて、「どんなことをしていこう?」ということになり、まず、会員が集まれる拠点を作ろうということで、その当時、流行っていた「ログハウスを造ろまいか!!」と簡単に話は決まりました。「造ろまいか」は方言ですが、「造ろうよ」、「造りましょう」でしょうか? 方言なので微妙なニュアンスの違いはありますが。会員の中には、大工さんも何人か見えるので、大船に乗ったつもりで始めました

 

 まずは、基礎編から


3_20090314080524.jpg
 整地をして、基礎の型枠作り

4.jpg
5_20090314080543.jpg
  型枠にコンクリートを流し込んで、基礎を作ります

6.jpg

7.jpg


 これと、並行して、山へ行き、チェンソーを使って木材の伐採、木材の皮向き、製材もやっていますが、残念ながら、写真が残ってないので、掲載できません。
だいたい、日曜、祝日に作業していましたが、皮むきは、仕事を終え、夕方にもやってました
 
 「昭和60年代」の出来事です
私達の年代が一番若く30代、上は、今の私より、年上の50代後半だったと思います
今、やれといわれても、私には、ちょっと、無理かも?
時代そのものが、元気な時代だったのかな?

 今でも、良い付き合いをさせてもらっていますが、最年長の方は、もう80歳に手が届きます・その後会員は増えてはいますが、私たちより、年上ばかり、最年少が、50代になりました。でも、良い体験よさせてもらい、良い仲間にめぐり合えたことに感謝しています


 次は、組立て編になります





今日は、この後、悲しい葬式に参列します
近くの同業者ですが、家族ぐるみで仲良くお付き合いさせていただいている方です

 まだ、37歳という若さで、3月13日、病気で亡くなりました
彼のお父さんと、1番仲が良かったですが、彼とも、親しくしていたので、残念でなりません

ご冥福をお祈りします



マツイ額縁ホームページ
マツイ額縁ネットショップ
お問合せ用メールフォーム  事業所様用 個人様用
お問い合わせはお気軽に・・・電話・fax 0573-75-2233
[ 2009/03/16 08:06 ] 坂下工遊会 | TB(0) | CM(2)
sachiko onoderaさんコメントありがとうございます
>私はその夢がいつか叶いますようにと密かに祈っているのです。笑

 実現が難しいことでも、密かにでも祈っていることは、すばらしいことだと思います。いつまでも、心のどこかで、祈り続けていてもらいたいなと思います

 
 
[ 2009/03/16 18:32 ] [ 編集 ]
ログハウス。
その昔、私達夫婦も夢見ていました。その数十年前から夫は岐阜でバイオリンをとかドーム型ハウスとか。。。夢見ていたようです。今は、夢となってしまいましたが、私はその夢がいつか叶いますようにと密かに祈っているのです。笑

若くして、この世を去る方を送るのは辛いですよね。。。。
[ 2009/03/16 16:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ようこそ

otoiawase 3.gif
otoiawase 4.gif



画像をクリック!!

ホームページ
WS000007170.jpg
ショッピングサイト
WS000010.JPG

プロフィール

マツイ ユウジ

Author:マツイ ユウジ
 マツイ額縁
代表 松井裕司

 「天然木」の色紙用額縁・賞状額・フォトフレーム・パッチワークキルト用額縁等、各種額縁の製造卸・製造小売。オーダーも承ります

岐阜県中津川市坂下368
TEL FAX 0573-75-2233


1963年 父が大手額縁メーカーの協力工場としてスタート
1976年 家業を継ぐべく、親会社に就職
1978年 父のもとに戻り、両親と共に働く
2004年 オリジナルブランド「再・遊・樹」が第1回岐阜県新商品開発章受賞
2004年 父が高齢のため、廃業
2005年 家業を引き継ぎ、開業
2005年 岐阜県廃棄物リサイクル認定製品(認定No.181)に認定される


工房の紹介
「機械設備」

「ものづくり中津川  手ざわりのよい額縁 マツイ額縁」

by 中津川市周辺の地域情報のポータルサイト「恵那山ねっと」タウンニュース
最近のコメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。