岐阜県中津川市坂下で、額縁をメインに木工の仕事をしております。人との出会い、作業風景、感じたことなど、気ままに書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「あ・さ・ひ・ね・こ」・・・・・???

 今日のブログも変なタイトルですが、多分、長野県木曽地方及び周辺の方は、わかった方も見えるんじゃないでしょうか?

「あ・さ・ひ・ね・こ」

 長野県木曽地方を代表する木、 「木曽五木」の覚え方です

「あ」は、あすなろ

「さ」は、さわら

「ひ」は、ひのき

「ね」は、ねずこ

「こ」は、こうやまき

 先日、長野県飯田市へ納品に行ってきました。私のところからですと、国道19号線で、長野県南木曾町へ、そこから、国道257号線で、「中仙道 妻籠宿」→「昼神温泉」を抜けて、飯田市へ行きます。峠越えの冬場は大変な道ですが、夏場は、涼しくて気持ちのいい道です

 「妻籠宿」を抜け、少し行ったところに、 「木曽五木」の名前がついた橋が架かっています

前々から、気にはなっていましたが、今回、初めて写真を撮ってきました

 

「妻籠宿」に近いほうから

IMG_2215.jpg
ひのき橋

IMG_2245.jpg
さわら橋

IMG_2224.jpg
あすなろ端

IMG_2223.jpg
ねずこ橋

IMG_2228.jpg
こうやまき橋

 

 当然のことですが、いくら田舎でも、木の橋ではありません



  私は、岐阜県中津川市(当時は、恵那郡坂下町)で生まれ、育ち、今も住んでいますが、小学校の敷地内に、「木曽五木」が植えられていました

 この地域にとっては(行政区分は、岐阜県と長野県ですが)、 「とても大切な資源であるとともに、生活に密着した存在なんだなぁ」と、改めて思いました。私も、実際、ひのきを使って、額縁などを作っているわけですし、大切に使い、また、その良さをPRしていかなければと思っています





マツイ額縁ホームページ
マツイ額縁ネットショップ
お問合せ用メールフォーム  事業所様用 個人様用
お問い合わせはお気軽に・・・電話・fax 0573-75-2233
[ 2009/09/11 08:35 ] 地域 | TB(0) | CM(2)
五木のやかた さん こんにちは
 私は、学校で習ったような気がしますが・・・・
たーさんの頃には、もう、教えてなかったんですかね?
[ 2009/09/14 12:23 ] [ 編集 ]
木曽の五木といえば「五木のやかた」
私は ひのき、あすなろ、ねずこ、さわら、こうやまき
この順番でないとスラスラ言えません・・・
お客様に説明する時にも、この順番で^^
[ 2009/09/12 21:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ようこそ

otoiawase 3.gif
otoiawase 4.gif



画像をクリック!!

ホームページ
WS000007170.jpg
ショッピングサイト
WS000010.JPG

プロフィール

マツイ ユウジ

Author:マツイ ユウジ
 マツイ額縁
代表 松井裕司

 「天然木」の色紙用額縁・賞状額・フォトフレーム・パッチワークキルト用額縁等、各種額縁の製造卸・製造小売。オーダーも承ります

岐阜県中津川市坂下368
TEL FAX 0573-75-2233


1963年 父が大手額縁メーカーの協力工場としてスタート
1976年 家業を継ぐべく、親会社に就職
1978年 父のもとに戻り、両親と共に働く
2004年 オリジナルブランド「再・遊・樹」が第1回岐阜県新商品開発章受賞
2004年 父が高齢のため、廃業
2005年 家業を引き継ぎ、開業
2005年 岐阜県廃棄物リサイクル認定製品(認定No.181)に認定される


工房の紹介
「機械設備」

「ものづくり中津川  手ざわりのよい額縁 マツイ額縁」

by 中津川市周辺の地域情報のポータルサイト「恵那山ねっと」タウンニュース
最近のコメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。