岐阜県中津川市坂下で、額縁をメインに木工の仕事をしております。人との出会い、作業風景、感じたことなど、気ままに書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

清々しい朝を・・・・・

迎えています・
 
 自宅から工房まで、約500m、毎朝、徒歩で通っています
今朝は、昨日から降り続いた雨も上がり、空気が澄み、周りの山の緑も一層きれいに、気持ちよく工房に着きました

 先日、メールボックスに

「こんにちは。突然ですいません。
自身で絵を描き続けている○○○○といいます。○○在住の二十二歳です。
最近個展を開きまして、額縁を全作自分で作ったのですけど、やってしまうと何だか額も絵の一部だということが分かってしまい、額縁づくりを知りたいと思っています。

名古屋とかの都会の額縁の工場も見て回ったりしたんですけど、都会だからなのか何なのかイメージと違って微妙な気持ちでした。
額縁づくりに興味があります。
ありがとうございました。」

というメールが届いていました。ブログからのメールです
県内に住む青年です

 正直うれしかったです。アクセスカウンターは毎日増えているので、誰かが読んでくれているのはわかっていましたが、自分に置き換えて考えてみれば、知らない人のブログにメールを入れることは余程のこと。

早速、返事を返しました

そして・・・・・

「返事をしていただいてありがとうございました。
額縁界事情もいろいろなんですね。。。何だか複雑です。。
僕は個展も初でまだ走り初めで、でもどんなことが必要になっ
ていくのか少しづつでも分かって来てると思っています。走り
始めとはいっても油絵やらに触れあってきたのは強いて言えば
小学二年か三年くらいからです。○○の私営のアート塾に通っ
てました。中学終わりまでは通わされたみたいなものです。そ
の頃は今ほど熱がなかったので。。。
今は半年は○○○○の山小屋で働いているんですけど、今年か
来年くらいでやめて絵のこと一本に絞っていくつもりです。
絵に関するいろいろなことを分からなければいけないと思い、
額縁を自分でつくることで、これは必要な技術だと思いました

もしよろしければ一度工房のほうに出向いてもよかったでしょ
うか?」

青年の熱意のこもったメールが帰ってきました

今は、仕事が忙しくて、丁寧な対応ができないから、もう少し後ならいいですよと返信しました

少し時間ができたら、連絡を取り合い、お会いしたいと思っています
その青年が、求めているものを私が持っているのか? 私の工房にあるのか? はわかりません

でも、その青年の「熱意」「やる気」が気に入りました
そういえば、私も20代のころ、「いつも何かを探していていたような気がします。そして、今も・・・探している」是非、お会いしたい、今はそんな風に思っています



当工房の製品は マツイ額縁ティカップ店でご覧になれます
   
   
   「ハンドメイド」好きな方
楽しいハンドメイドブログが集まっているサイトへどうぞ!!

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気blogランキングへ


[ 2008/04/11 08:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ようこそ

otoiawase 3.gif
otoiawase 4.gif



画像をクリック!!

ホームページ
WS000007170.jpg
ショッピングサイト
WS000010.JPG

プロフィール

マツイ ユウジ

Author:マツイ ユウジ
 マツイ額縁
代表 松井裕司

 「天然木」の色紙用額縁・賞状額・フォトフレーム・パッチワークキルト用額縁等、各種額縁の製造卸・製造小売。オーダーも承ります

岐阜県中津川市坂下368
TEL FAX 0573-75-2233


1963年 父が大手額縁メーカーの協力工場としてスタート
1976年 家業を継ぐべく、親会社に就職
1978年 父のもとに戻り、両親と共に働く
2004年 オリジナルブランド「再・遊・樹」が第1回岐阜県新商品開発章受賞
2004年 父が高齢のため、廃業
2005年 家業を引き継ぎ、開業
2005年 岐阜県廃棄物リサイクル認定製品(認定No.181)に認定される


工房の紹介
「機械設備」

「ものづくり中津川  手ざわりのよい額縁 マツイ額縁」

by 中津川市周辺の地域情報のポータルサイト「恵那山ねっと」タウンニュース
最近のコメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。